記事一覧

美肌に大切な湿度とは?

よく「湿度○%」といいますが、これは何を指しているのでしょう。空気中にある水の量? とんでもない。もしそうならば、湿度100%は水の中ということになります(ちなみにミストサウナの中などは湿度がほぼ100%ですが、ミストサウナは水槽ではありません)。気象庁などが発表している一般的な「湿度」は相対湿度のことで、以下のようなものを指します。

空気中に存在しうる水分子(水蒸気)の量は、気温や気圧によって異なります。ある温度、ある気圧のときに空気が最大限の水蒸気を含んだ状態を湿度100%といいます。この水蒸気量を飽和水蒸気量といいます。飽和水蒸気量は、気温が30度のときは約30・3g/立法メートル、気温が10度のときは約9・39g/立法メートル(いずれも1気圧において)。つまり気温が30度のとき、空気は1立方メートルあたり約30gの水蒸気を含みうるということです。飽和水蒸気量の半分の水蒸気が存在している状態が(相対)湿度50%です。

気温が高いほど、飽和水蒸気量は多くなります。つまり、同じ「湿度50%」でも、気温が低いほど空気中に含まれる水蒸気の量は少ないということになります(湿度50%のとき、30度ならば約15g、10度ならば4・7g/立法メートルの水蒸気を含みます)。ちなみに都心の湿度は年々低下しているといいますが、これには都心の気温が(温暖化によって)上がっていることも関係しています。気温が上がれば、空気中の水蒸気量が同じでも相対湿度は下がっていくのです。