記事一覧

やりすぎクレンジングがセラミドを奪う

クレンジングとは、メイクを落とすものです。クレンジングを選ぶ際に知っておくべきことは、クレンジングは洗顔料よりも洗浄力が強い。つまり刺激が強いということです。メイクアップは普通の洗顔だけではきちんと落ちないので、そのためにクレンジングが必要になります。よってクレンジングは、必然的に洗顔料よりも洗浄力が強いのです。特に最近は肌に密着して汗でもくずれないファンデーションや、リキッドアイライン、マスカラなどの落ちにくいメイクアイテムが登場しています。それにあわせてクレンジングも進化しているため、洗浄力のかなり強いものも登場しています。

また働く忙しい現代女性たちは、さっと簡単にメイクを落としたいと思うために、どうしても強力クレンジングに手が伸びてしまう傾向があるようです。「サッと簡単オフ」などという簡便さをうたうものは、強力にメイクをはがしとるため、当然肌にも負担をかけます。強いクレンジングが肌のセラミドを溶かしだし、乾燥肌を作り出すのです。クレンジングは床掃除とは違うので、ただ「サッと落ちればよい」というものではありません。クレンジングを選ぶときは、メイクを落とすことだけでなく肌のことを考えて選ばないといけないのです。

本当は、メイクもしないでクレンジングもしなければ肌には負担がないのですが、そういうわけにもいかない人が多いですし、メイクはUVケアのためにある程度必要です。毎日つけたりとったりするわけですから、当然、肌への負担は相当なもの。それを頭においた上でメイクしたりクレンジングしたりするようにしましょう。またクレンジングで毛穴の汚れも落とそうとして強くこすったり、クレンジングのついでにマッサージをしてしまうなど、クレンジングに付加的な効果を求めてしまう人がいますが、それは肌トラブルのもとです。どんなに上質のクレンジングでも、洗浄するものである以上多少は肌に負担をかけます。クレンジングは最小限に行うよう心がけましょう。