記事一覧

クレンジングの選び方

特に洗浄力が強いのは、オイルやリキッド(液状)タイプのクレンジングです。比較的やさしいのはクリームやジェルタイプですが、それもものによりますので、実際には使ってみないとわかりません。クレンジングの基本的な仕組みは、まず油分でメイクを浮かせて、界面活性剤で水と乳化して流すというものです。そのためクレンジングのほとんどは、油分と界面活性剤を含みます。含まれる油分がメイクを浮かすために適量であることと、それを乳化する界面活性剤が強すぎず弱すぎず適度であることが、肌に合うクレンジングの条件です。

油分が多ければ、メイクは簡単に浮き上がりますが、それを水で乳化して流すためには多量の界面活性剤が必要になります。反対に油分が少なかったり水分が多かったりすれば、メイクとのなじみが悪くなるので、そこを補うためにまた界面活性剤のお世話になることになります。つまり油分の量というものが、バランスよいクレンジングを選ぶためのひとつの目安になります。界面活性剤が強いかどうかは、みただけではなかなかわかりません。しかし油分は目で見たり手でさわってみれば、多いかどうかある程度わかります。

ラーメンが脂っこいかどうかは見ればある程度わかるというのと同じです。まずは油分の量でクレンジングを選ぶことを考えてみましょう。明らかに油分が多いのがオイルクレンジング、少ないのがリキッドクレンジングやシートタイプのふきとりクレンジングです。先述したように、油分は多すぎも少なすぎもよくないので、これらのクレンジングはベストバランスとはいえないようです。クリームタイプか乳化ジェル(油分を含む白いジェル)の中に、バランスのよいものが多いのです。