記事一覧

皮下組織は脂肪でできたクッション

真皮の下はどうなっているかというと、皮下組織と呼ばれ、ほとんど脂肪でできています。脂肪のまわりは線維組織でおおわれています。脂肪はクッションのように衝撃から体を守っています。もしも脂肪がなくて皮膚のすぐ下が筋肉だったら、痛くてすわれません。手のひら、足の裏、頭皮などにも非常に硬い皮膜におおわれた脂肪組織があり、衝撃を吸収しています。脂肪はそれ以外にも体温を維持する、エネルギーをたくわえるなどの働きがあります。

以上の表皮、真皮、皮下組織の三層構造が皮膚を作っていることを頭にとどめておきましょう。肌トラブルをケアするときは、皮膚のどの部分でそれが起こっているのかを考えながらでないと、適切なケアはできません。乾燥は、(表皮の)角層のトラブルです。シミは、表皮のトラブルです。シワは、真皮のトラブルです。毛穴の開きは、初期は表皮のトラブル、進行したものは、真皮全体にたるみがおよんだものです。シワを気にして化粧水のパックなどをしても、角層までしか届かないので有効とはいえません。

また最近、なんでもナノ化して浸透をよくした化粧品成分がもてはやされますが、保湿成分や美白成分は真皮で働くものではないので、ナノ化して浸透を高めると逆効果になります。ただ漠然と、はやりの化粧品や口コミランキング上位のコスメなどでケアしていても、肌の悩みは解決しません。どの部分にどういう成分を送り届けることが必要かを考えましょう。表皮、真皮、皮下組織の三層構造が皮膚を作っていることを頭にとどめておきましょう。表皮(角層)の水分を守っているセラミド、真皮の骨組であるコラーゲン、それをつなぎとめるエラスチン、まわりを埋めるヒアルロン酸など、肌の仕組みを知っておくことが、スキンケアの第一歩です。